消化器科看護師求人トップページ > 消化器科での看護師の転職のコツ

消化器科での看護師の転職のコツ

転職先を決める条件は、様々です。@勤務地、A勤務内容、B勤務時間、C給与、D福利厚生、E病院の規模や教育制度、資格取得支援制度の有無等が挙げられます。自分がどのような病院で働きたいのか、希望条件を把握出来ると、転職活動がスムーズになります。

消火器科クリニックでは、外来のみで日勤だけという求人もあります。処置としては内視鏡の検査や内視鏡手術が多くなります。早期発見の為に、人間ドックを行っている事業所もあります。その為、検査や内科的治療に携わりたい方には、向いています。又、クリニックでは、他の診療科もあることが多い為、消火器科だけではなく他科の治療に対する知識や看護技術も必要になります。

総合病院の消火器内科病棟での仕事内容は、内科的治療に対する看護です。外科的治療を終えて転科された患者さんや、慢性期で化学療法を行っている患者さん、検査入院の患者さん等に看護を行います。検査や治療の説明、食事・生活指導、退院支援等を行います。未経験の場合でも研修・教育制度が充実している為、サポートを受けながら勤務することが出来ます。

消火器科は、消火器内科のことで、内科的治療を行います。同じ消火器を扱う分野では、消火器外科があります。消火器外科は、外科的治療を行います。内科と外科では、治療方法が違います。消火器外科では進行がんに対して、患部の摘出、放射線療法、化学療法を行います。病院によっては、外科病棟で手術を行い転科せず同じ病棟で化学療法を行う病院もあります。又は、外科病棟で手術を行い消火器内科病棟へ転科して化学療法を行う病院もあります。化学療法は内科的治療ですが、病院によっては、ベッド数や業務量の関係で、外科と内科が業務を分担しない場合があります。内科で外科的治療を行うことはありませんが、外科で内科的治療を行うことはあります。消火器外科の場合は手術を行う為、術前術後の看護が必要となり、急性期から慢性期まで担当することになります。その為、消火器内科専門で勤務したいのか、外科と内科を合わせて働きたいのか確認しましょう。

スキルアップしたい方は、在籍している認定看護師や専門看護師の有無を確認しましょう。がん治療に特化している病院であれば、がん性疼痛看護、がん化学療法看護、がん放射線療法看護、乳がん看護を専門とした看護師が在籍している可能性があります。専門看護師や認定看護師がいる病院で一緒に勤務することは、学ぶことも多いですし役立つこともあります。環境が整っていて専門看護師、認定看護師の資格取得支援を行っている病院もあります。そのような病院では、スキルアップが見込めます。

看護師転職サイトに登録すると、希望に合った消火器科のある病院を担当コンサルタントが紹介してくれます。複数の看護師転職サイトに登録すると、より多くの病院の求人情報を得ることが出来ます。

消化器科の看護師求人探しはこの5サイトに無料登録してみよう!

ナースフル



>>消化器科看護師に人気の求人サイトの1位はナースフル!では2位以下は・・・?<<