消化器科看護師求人トップページ > 消化器科での看護師の志望動機

消化器科での看護師の志望動機

志望動機は、人により様々ありますが、ここでは、採用率アップに繋がるものを記載します。 たくさんの病院がある中で、どうして、この病院の消化器科を志望したのか説明する必要があります。まず、相手を知ることからはじめましょう。病院のホームページを見て、病院の診療方針や治療内容を読み、他の病院には無い長所を探しましょう。

数ある診療科の中から消火器科を選択した理由として、消化器科オリジナルの理由を挙げましょう。消火器科では、軽い症状で受診した患者さんでも、それは癌の初期症状で、癌の早期発見に繋がる場合があります。又、消化器科は、胃、食道、腸等の消化管だけではなく、肝臓、脾臓、胆嚢も治療分野です。診察や血液検査の結果から、内視鏡検査を行い疾患を特定します。次に内科的治療を行う為、内視鏡手術を行います。消火器分野で内科・外科の両方の診療科がある病院では急性期、慢性期、緩和ケアまでの治療・看護を行っています。消火器外科では、化学療法や放射線治療、外科的治療、投薬管理等、他の診療科に通ずるものがあります。このような病院では、スキルアップが見込めます。志望動機としては、「以前、内科病棟で勤務していたので、その時の経験が活かせると考え志望しました。内視鏡検査の手技や急性期、慢性期での看護を通して、スキルアップしたいと考えました。」等があります。

消化器科での内視鏡検査・治療に関する資格として、消火器内視鏡技師があります。受験資格があって、専門医の元で内視鏡の介助経験が2年以上あることや一定時間、講義を受講すること等です。受験に合格し、日本消化器内視鏡技師会に認定される必要があります。技師会の活動としては、消火器内視鏡補助に関する前処置、洗浄、消毒、機器管理、検査、治療の介助等の研究発表を行う研究会の運営や、消火器内視鏡業務に携わっている看護師に教育・研修を行っています。スキルアップを考えている場合、志望動機に含めると説得力が増します。

専門看護師、認定看護師の資格を取りたい場合、志望動機に含めると説得力が増します。消化器科には、癌の患者さんが多いです。日本の癌患者の内、約6割が消化器疾患によるものです。看護師は癌の術後の食事療法、生活指導、服薬指導等に関わっていく必要があります。日本看護協会が定めている資格で、がん看護専門看護師、がん化学療法認定看護師、がん放射線療法認定看護師があります。看護業務を通してこれらの資格を取得したいことを志望動機に含めると、説得力が増します。

消化器科の看護師求人探しはこの5サイトに無料登録してみよう!

ナースフル



>>消化器科看護師に人気の求人サイトの1位はナースフル!では2位以下は・・・?<<