消化器科看護師求人トップページ > 消化器科での看護師の採用基準

消化器科での看護師の採用基準

採用基準は、経験者のみを募集する場合と未経験者歓迎で募集する場合では、それぞれ違います。経験者のみ応募可としている事業所の採用基準は、臨床経験、特に消火器科の勤務経験と看護師としての適性です。未経験者歓迎の求人では、看護師としての適性が現在あること、将来的に見込みがあることになります。応募者が多数いる場合は、採用基準が高くなり他の応募者と比較して優秀な人が採用されます。

未経験として応募する場合でも、消火器科で行う治療、検査、看護は、確認しておく必要があります。消火器科は、消火器内科なので、治療として外科手術は行いません。消化器内科では、消火器外科同様に診療部位が広く、取り扱う疾患も多いです。日本人のがんの約6割は、消火器系で発生しますが、それ以外でも様々な疾患に対して治療を行っています。胃潰瘍や胃炎、肝硬変、膵炎等です。消火器内科では、疾患を発見する為に様々な検査を行います。内視鏡検査やX線検査等です。消火器内科看護師の仕事は、診療の補助や点滴の交換、採血、食事療法についてのアドバイス等になります。消火器内科の看護師には、各検査に対する知識と手技、各疾患や抗がん剤の副作用に対する知識及び的確な処置が必要とされます。

病院では看護師が不足しています。その為、未経験者歓迎の求人は多数あります。看護師免許があれば、業務内容は入職してから覚えることが出来る為です。未経験の場合は、生活習慣病に対する知識を踏まえた上で、学ぶ姿勢を示し病院に貢献出来ることを根拠を踏まえて説明すると良いでしょう。未経験でも、きちんとコミュニケーションが取れて理解力があり、接遇がしっかりしていると、採用される確立は上がります。

病院が出す条件に納得出来ないことが多い人やすぐに退職しそうな人は、採用の確立が下がります。病院側は長く働いてもらいたいと考えている為です。

面接対策として、看護師転職サイトに登録して、担当コンサルタントにアドバイスを貰う方法があります。過去にあった、その事業所の面接の様子や面接担当者の性格、過去に面接者が質問されたこと等、事前に分かると対策が立てられる為、有利になります。エージェントによっては面接対策として、事前にコンサルタントと会って練習することも出来ます。その際、相手に好印象を与える話し方や態度等を第三者の立場からアドバイスしてくれます。面接は第一印象が大切です。面接が苦手な方には可能な場合、面接同行も出来ます。面接同行では面接がスムーズに運ぶよう担当コンサルタントがフォローしてくれます。

消化器科の看護師求人探しはこの5サイトに無料登録してみよう!

ナースフル



>>消化器科看護師に人気の求人サイトの1位はナースフル!では2位以下は・・・?<<