消化器科看護師求人トップページ > 消化器外科と消化器内科の違い

消化器外科と消化器内科の違い

消化器科は大きく分けて消化器外科と消化器内科があります。いずれも消化器に関する疾病診療や治療に携る専門診療分野です。消化器は、食道、胃、十二指腸、大腸、小腸、肝臓、脾臓、胆道、すい臓、肛門等の領域に分れています。消化器外科は、消化器官に発生した疾患を外科手術で治療する診療科のことを言います。

外科手術をすることから、外科とのみ掲げている病院もありますが、近頃では消化器専門の外科手術をおこなう消化器外科が増加傾向にあります。消化器外科の中でもさらに特定の消化器部分のみの外科手術をおこなう病院では、胃腸外科や食道胃外科、肝胆膵外科と掲げる病院もあります。各病院の専門とする診療分野がより細分化され、明確に患者様に対してアピールされるようになった事が近年の診療科目の傾向でしょう。

病院側も経営をしなければなりませんから、他の病院との差別化や専門化に力を入れる病院経営努力をしている事も、こうした専門診療の明確化に繋がっていると考えられます。よって採用される看護師に関しても、より専門性の高い看護技術や知識を求める、植えつけるという事になるでしょう。

一方、消化器内科に関しては、消化器に関する手術をしない内科的な診療や治療をおこなう専門診療科目になります。腹痛、胸やけ、嘔吐、下痢、食欲不振、貧血など消化器の問題から発症する症状や疾患が診療の対象になります。また自覚症状がないものでも、検査により消化器系の疾病を抱えている事が判明する場合があります。

日本人の死因の多くを占める「がん」のうちおよそ60%が消化器系だそうです。自覚症状の無い初期の消化器系のがんの場合、消化器内科における精密検査が非常に重要になります。早期発見であれば、充分命に別状無く、治療することが出来るからです。発見される主な疾患には、胃・大腸がん、胃潰瘍、胆石、胃・大腸ポリープなどがあります。

消化器内科では、診療に内視鏡検査やレントゲン検査、腹部超音波検査などをおこないます。また治療には、服薬等の他に内視鏡治療等がおこなわれます。最初に消化器内科の検査で外科手術の必用な消化器系の疾病が発見されたとします。その場合は提携する消化器外科に患者を送る、消化器外科での診療を患者に指示するなどの外部連携がとられます。病院によっては、消化器内科と消化器外科を併設して、よりスムーズな医療連携と医療ケアの充実をはかっている医療機関もあります。

消化器科の看護師求人探しはこの5サイトに無料登録してみよう!

ナースフル



>>消化器科看護師に人気の求人サイトの1位はナースフル!では2位以下は・・・?<<