消化器科への転職

消化器科の看護師に転職したいとすると、まず消化器科の看護師の実態はどのようなものなのか把握しておく必用があるでしょう。すでにこれまでの看護師経験や他の医療関係者から何らかの情報を得て消化器科に興味をもったことでしょう。

しかし実際に転職するとなるとより具体的な状況把握が求められます。そうしなければ転職後のミスマッチにつながってしまうからです。消化器科では消化器官の疾患に関わる診療科目になります。医療法では、胃腸科という診療科目ということも許可しています。消化管、胆のう、肝臓、膵臓など広範囲の疾患の診療や治療をおこなうことになります。そのため消化器科の看護師には幅広くそして専門性の高い看護スキルが求められます。

胃もたれ、吐き気、胸やけ、腹痛、食欲不振、貧血、その他自覚症状がなくなんとなく調子が悪いというものまで、患者さんの状況に応じて、医師の指示のもと看護処置を施します。また消化器系臓器は自覚症状が出にくく、成人病等の発症しやすい箇所でもありますので、内視鏡検査やX線検査、CTやMRI等の検査や、内視鏡治療等に関わることになります。したがって現状のご自身のスキルも考慮したうえで、転職先を選定することが大切です。(転職サイトとしてはナースフルナース人材バンクなどがおすすめです。)

消化器科の看護師求人探しはこの5サイトに無料登録してみよう!

ナースフル

ナースフル

消化器科などの専門診療科目別求人は業界トップクラスです。リクルートグループの運営する看護師専門の転職支援サービスで、年間100万人以上の転職活動を支援しています。取扱病院件数など日本最大級を誇っています。

詳細はこちら

ナース人材バンク

ナース人材バンク

看護師転職の紹介実績は業界トップクラス。年間10万人以上の看護師さんが利用しています。全国の消化器科看護師求人からご紹介します。看護師専門・地域専任のキャリアコンサルタントが消化器科転職を的確にアドバイスします。

詳細はこちら

マイナビ看護師

マイナビ看護師

全国にオフィスを展開している、マイナビグループの看護師転職サイトです。全国のエリア毎に消化器科求人を把握しています。消化器科のある医療機関との強いパイプを持っていることから、好条件の求人探しにおすすめです。

詳細はこちら

看護のお仕事

看護のお仕事

「看護のお仕事」はサポート力で選びたい看護師さんにおすすめです。好条件でイキイキと働くことの出来る消化器科看護求人が見つかるまで、とことん親身になってサポートします。転職支援金最大5万円プレゼントを実施中です。

詳細はこちら

看護プロ

看護プロ

看護プロが利用者の支持を集めている理由の一つとして、そのネットワークの広さがあります。全国に拠点を構えていますので、地方であっても希望の求人を紹介してもらえる可能性が高いです。消化器科の求人も非公開を含め多く保有しています。

詳細はこちら

消化器科でスキルを身につける

消化器系臓器を広範囲に診療、治療する消化器科では、看護師に対して幅広い経験、知識、専門的な看護技術が求められます。しかし消化器科への転職を希望する看護師さんの誰もが、最初から高度なスキルを持ち合わせている訳ではありません。

「幅広い知識や経験を身につけてスキルアップしたいという向上心やモチベーションがあればこそ、消化器科の看護師を目指すのです。」という看護師の方は多いのではないでしょうか。雇用する消化器科の医療機関にあっても、経験値の高いエキスパート看護師を欲している場合と、経験は浅くとも先輩看護師のサポート的な看護師を採用して将来に向けて育成するという場合などが考えられます。

安定して高度な医療サービスを患者様へ提供するべく、医療機関では研修や勉強会などを開催しているところが多いのです。とりわけ多岐に渡る専門看護技術と、日々進歩する看護技術の習得の必用に迫られている診療科目のひとつが、消化器科といえるでしょう。そのため看護師の教育体制等が整っている病院が多いのです。

消化器科未経験であっても充分に転職の機会があると言えます。ご自身のスキル、身につけたいスキルを自己把握して、適正な転職先を選びましょう。

求人サイトを利用して消化器科の求人を見つけよう

いざ消化器科の看護師求人を探そうとすると、ハローワークや求人サイト、知人に聞いてみるなど様々な方法が浮かびます。ハローワークでは看護職は数ある職業の一つ、しかも消化器科となると非常に低い確立になるでしょう。

医療系の知人に聞くというのも参考になるかもしれませんが、これも確実性に欠けています。看護師さんの多くが活用するのはやはり求人サイトになります。しかし求人サイトでも消化器科の求人を探すには、工夫が必用になります。まず消化器科等、専門診療科目毎に特化してサポートしている求人サイトであること。次に消化器科等の専門診療科目になると、ピンポイントで適任の看護師を雇用したいと言う病院側の意向もあり、非公開求人になるケースがあるということを理解しておく事です。よって消化器科の転職サポート実績や求人が多くあり、非公開求人を保有している求人サイト(リクルートドクターズキャリアのナースフルなど)に登録することが大切です。

求人サイトに登録すると、専任のキャリアコンサルタントに転職成功まで無料でサポートしてもらえるというスタイルがほとんどです。幅広い専門スキルを必用とする消化器科の看護職に関して、どう望めば良いのか、ご自身のこれまでの経験や希望などを詳細に相談しましょう。

消化器科での看護師の採用基準

採用基準は、経験者のみを募集する場合と未経験者歓迎で募集する場合では、それぞれ違います。経験者のみ応募可としている事業所の採用基準は、臨床経験、特に消火器科の勤務経験と看護師としての適性です。未経験者歓迎の求人では、看護師としての適性が現在あること、将来的に見込みがあることになります。応募者が多数いる場合は、採用基準が高くなり他の応募者と比較して優秀な人が採用されます。

未経験として応募する場合でも、消火器科で行う治療、検査、看護は、確認しておく必要があります。消火器科は、消火器内科なので、治療として外科手術は行いません。消化器内科では、消火器外科同様に診療部位が広く、取り扱う疾患も多いです。日本人のがんの約6割は、消火器系で発生しますが、それ以外でも様々な疾患に対して治療を行っています。胃潰瘍や胃炎、肝硬変、膵炎等です。消火器内科では、疾患を発見する為に様々な検査を行います。内視鏡検査やX線検査等です。消火器内科看護師の仕事は、診療の補助や点滴の交換、採血、食事療法についてのアドバイス等になります。消火器内科の看護師には、各検査に対する知識と手技、各疾患や抗がん剤の副作用に対する知識及び的確な処置が必要とされます。

病院では看護師が不足しています。その為、未経験者歓迎の求人は多数あります。看護師免許があれば、業務内容は入職してから覚えることが出来る為です。未経験の場合は、生活習慣病に対する知識を踏まえた上で、学ぶ姿勢を示し病院に貢献出来ることを根拠を踏まえて説明すると良いでしょう。未経験でも、きちんとコミュニケーションが取れて理解力があり、接遇がしっかりしていると、採用される確立は上がります。

病院が出す条件に納得出来ないことが多い人やすぐに退職しそうな人は、採用の確立が下がります。病院側は長く働いてもらいたいと考えている為です。

面接対策として、看護師転職サイトに登録して、担当コンサルタントにアドバイスを貰う方法があります。過去にあった、その事業所の面接の様子や面接担当者の性格、過去に面接者が質問されたこと等、事前に分かると対策が立てられる為、有利になります。エージェントによっては面接対策として、事前にコンサルタントと会って練習することも出来ます。その際、相手に好印象を与える話し方や態度等を第三者の立場からアドバイスしてくれます。面接は第一印象が大切です。面接が苦手な方には可能な場合、面接同行も出来ます。面接同行では面接がスムーズに運ぶよう担当コンサルタントがフォローしてくれます。

消化器科での看護師の転職のコツ

転職先を決める条件は、様々です。@勤務地、A勤務内容、B勤務時間、C給与、D福利厚生、E病院の規模や教育制度、資格取得支援制度の有無等が挙げられます。自分がどのような病院で働きたいのか、希望条件を把握出来ると、転職活動がスムーズになります。

消火器科クリニックでは、外来のみで日勤だけという求人もあります。処置としては内視鏡の検査や内視鏡手術が多くなります。早期発見の為に、人間ドックを行っている事業所もあります。その為、検査や内科的治療に携わりたい方には、向いています。又、クリニックでは、他の診療科もあることが多い為、消火器科だけではなく他科の治療に対する知識や看護技術も必要になります。

総合病院の消火器内科病棟での仕事内容は、内科的治療に対する看護です。外科的治療を終えて転科された患者さんや、慢性期で化学療法を行っている患者さん、検査入院の患者さん等に看護を行います。検査や治療の説明、食事・生活指導、退院支援等を行います。未経験の場合でも研修・教育制度が充実している為、サポートを受けながら勤務することが出来ます。

消火器科は、消火器内科のことで、内科的治療を行います。同じ消火器を扱う分野では、消火器外科があります。消火器外科は、外科的治療を行います。内科と外科では、治療方法が違います。消火器外科では進行がんに対して、患部の摘出、放射線療法、化学療法を行います。病院によっては、外科病棟で手術を行い転科せず同じ病棟で化学療法を行う病院もあります。又は、外科病棟で手術を行い消火器内科病棟へ転科して化学療法を行う病院もあります。化学療法は内科的治療ですが、病院によっては、ベッド数や業務量の関係で、外科と内科が業務を分担しない場合があります。内科で外科的治療を行うことはありませんが、外科で内科的治療を行うことはあります。消火器外科の場合は手術を行う為、術前術後の看護が必要となり、急性期から慢性期まで担当することになります。その為、消火器内科専門で勤務したいのか、外科と内科を合わせて働きたいのか確認しましょう。

スキルアップしたい方は、在籍している認定看護師や専門看護師の有無を確認しましょう。がん治療に特化している病院であれば、がん性疼痛看護、がん化学療法看護、がん放射線療法看護、乳がん看護を専門とした看護師が在籍している可能性があります。専門看護師や認定看護師がいる病院で一緒に勤務することは、学ぶことも多いですし役立つこともあります。環境が整っていて専門看護師、認定看護師の資格取得支援を行っている病院もあります。そのような病院では、スキルアップが見込めます。

看護師転職サイトに登録すると、希望に合った消火器科のある病院を担当コンサルタントが紹介してくれます。複数の看護師転職サイトに登録すると、より多くの病院の求人情報を得ることが出来ます。